F・AのBlog

同人やイベントの近況、そして音楽中心な へっぽこなブログなり。

音楽

今宵もバルトーク。

昨日の読響定期公演の前に、先月のコンサートについては書く時間なかったんで
とりあえず簡単に。まず、1/14読響定期ではカンブルランの指揮で 、
ガブリエリ:カンツォーナ(「サクラ・シンフォニア集」から/カンブルラン編)
ベリオ:フォルマツィオーニ 、ベルリオーズ:交響曲「イタリアのハロルド」
の3曲。特殊な楽器編成のベリオや、ヴィオラのソロが活躍し
終楽章ではPブロック後方(オルガン前)で別働隊が加わり同じくヴィオラ・ソロが
Pブロック2列目横に移動するなど音響面でも楽しめた「イタリアのハロルド」
どれもすばらしかったですよ。
そして私の誕生日だった25日のN響ではファビオ・ルイージの指揮でオルフ・プロ
カトゥリ・カルミナ、カルミナ・ブラーナの大曲二曲
今回はあの有名なカルミナ~ではなく、めったに聞けないカトゥリ~が目的。
さすがに音響の悪いNHKホールなんで音響は我慢でしたが、演奏は良かった。
ただカトゥリ~をやる編成なら一緒にストラヴィンスキー:バレエカンタータ「結婚」も
一緒に演奏して欲しかったなぁと言うのは欲張りか…。(笑)
とりあえずいい誕生日になりました。

さて昨日の読響定期では今回読響で始めて指揮をするクレメンス・シュルト。
1982年生まれだそうで、若い!。とにかくイケメンって感じ。
とにかく指揮ぶりも、いきいきしてて若々しかったなぁ。で、
リゲティ:ルーマニア協奏曲
ブルッフ:バイオリン協奏曲 第一番
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
なんとブルッフ以外ソロはいないが三曲とも協奏曲というプログラム。
そして本日は今月2日に読響の桂冠指揮者(第7代常任指揮者)であったゲルト・アルブレヒト氏が
他界され、その追悼として始まる前にバッハ:アリアが演奏されました。
そして演奏された三曲、リゲティ、ブルッフ共にはつらつとして、伸びやかな演奏で
3曲目のバルトークではあまり急がず安定感のあるどっしりしたテンポだったのが
終楽章になるといきなりハイテンポでたたみ掛けるような激しい演奏!
一気に燃えたすばらしい演奏でした。…いやぁ良かった。

さて、アルブレヒト氏が他界され非常に残念です。
読響では特に現代音楽を積極的に演奏し、多くの曲が初演されました。
今でもヘンツェ:歌劇「午後の曳航」~演奏会形式日本初演 等
記憶に残るものばかり。しかも定期公演で毎年一回、現代音楽のみの
プログラムというすばらしい公演を作り第一回目ではヴァーレーズ:アメリカ(日本初演)
という大音響騒音音楽を持ってくる素晴らしさ!(笑)
しかも毎回日本人作曲家の委嘱作品の初演を解説付きでするという積極さ。
(ただ…現代音楽だけだとあからさまにお客さんが少なかったのは残念でしたが…。)
CDでもWERGOレーベルでヒンデミットのオペラ3部作を録音したり(しかも演奏、録音も
素晴らしい…しかしこの3部作「聖スザンナ」の1曲以外他に録音も演奏もされないのだが
どこか、いいかげんどこか録音してくれないものか?演奏も、昔演奏会形式で
三部作日本初演されたがそれっきりだしなぁ…。「ヌッシュ・ヌシ」なんか影絵まで使って
面白い演奏だったのに)現代音楽の録音も輸入版で多々あるのだが最近ではそれも
売ってるの見かけなくなってるし…。残念…。これを機会にいろいろ復刻販売してほしいなぁ。
とにかくアルブレヒト氏のご冥福をお祈りいたします…。





 

今月のBBC

今月…と言うかもう先月号になりますか、BBC MUSIC MAGAZINE。
ギリギリで買えました。あやうく今月号になっているところでしたですよ。
まぁはじめに BBC MUSIC MAGAZINEとはですが、その名の通り
あのイギリスBBCのクラシック専門音楽雑誌でもちろん輸入雑誌ですよ。 
しかしこの雑誌困った事になかなか買えるところがない。今買えるところといえば
タワーレコード、しかも渋谷店ぐらいじゃないでしょうか?新宿店は入荷数が少なく
数日で無くなってしまいますし、他名古屋では名古屋、栄 共に見たことないし
大阪でも梅田は置いてありますが難波では置いてないらしいです。
昔HMVでも買えてたんですがクラシック専門フロアーがなくなってどこも見なくなりました。
で、この雑誌何が凄いかと言うと毎号CDがついている。CDなら他でもと思われそうですが
さすがBBCといいますかよくある紙ジャケ、一部抜粋がお試し的に収録ではなく、
プラケース、に解説の入ったジャケット…そうショップで売ってるのと同じ使用の物で
しかも内容も一部を除いてすべて全曲収録。ほとんどがライブ音源、拍手入り。
 室内楽や歌曲から大編成の大作(ショスタコーヴィッチ:交響曲第11番「1905年」や
メシアン:トゥーランガリラ交響曲、マーラー:交響曲第8番 等、最近では
ブリテン:「戦争レクイエム」まで、もちろんすべて全曲拍手入り)まで多種多様。
もちろん音源はBBCなので音質のクオリティーは高いものばかり。
P1020576











で、今月号です(ちなみに写真撮ってみましたが、最初光の反射で困りましたが
何とかうまく撮れました。)アメリカ音楽集で、2002~2011年のコンサートから
バーンスタイン:「ウエストサイド物語」、コープランド: 3つのラテン・アメリカン・スケッチ
ヴィラ・ロヴォス:ブラジル風バッハ第9番、ヒナステラ:組曲「エスタンシア」 の4曲。
もちろん全曲収録拍手入り。(ヴィラ・ロヴォスのみセッション録音)
どれも音質最高の優秀録音で最近の付録CDのなかで久々に燃えるCDでした。
「ウエストサイド物語」では 非常に解像度が高く聞こえのいい録音で、打楽器、管楽器共に
鳴り響きかなりの大音響で燃えまくり!「Mambo」では途中楽団全員で「マンボ!」と
叫ぶのが多いですが、ライブとしては珍しくここでは声なしの管弦楽のみで、なんか
物足りなく感じてしまいますが、それでもそんな物足りなさを吹き飛ばす演奏、録音で充実
しておりました。そして近年ではドゥダメルがよくアンコールで演奏することが多い
「エスタンシア」では、ドゥダメルや小澤征爾のライブ録音 等でのノリノリの爆演が多い為か
若干おとなしめの演奏に聞こえますが、 優秀で見通しの良い録音のおかげでおとなしめも
気にならない演奏。とにかく4曲とも演奏、録音が充実してて久しぶりに満足させて頂きました。

…ところで「エスタンシア」の全曲ってジゼル・ベン=ドール指揮ロンドン交響楽団のCDのみ
なんですが、他に録音してくれないもんかなぁ?もちろん爆演で(笑)
 

いろいろ大変な事に…。

今日、いろんな報道で騒がれてる 佐村河内守 氏。
まぁびっくりというか、なんというか、凄い事になってますねぇ。
一応、自分ではなく違う人に作曲を依頼していたという事で
CD販売やコンサートも中止ということですが…。
まぁ、一応曲の構想は本人らしいし、今後は共作として
演奏すればいいんじゃないのかなぁ、と思うんですがどうでしょう?

2012年の大阪交響楽団のコンサート映像と共に
NHKで特集されて話題になった訳ですが
偶然にも実はこの日のコンサートに行ってまして。
P1010270













実はこの曲目的でわざわざって訳ではなく、
数日前の日曜日メンコミの為に名古屋に行くんで
このあたりで名古屋や大阪でいいコンサートないかなっと探していたら
たまたま都合のいい日に知ってる曲があったのと、大阪シンフォニーホールに
行ってみたかった、そして私の好きなステージ後方の席(ここではオルガン席)
のしかもいい位置の席が空いてた事で聞いてきました。
まぁ、会場にいろいろカメラが入っていたので、中継でもするのかなと思っていたら
佐村河内 氏をカメラで追いかけてたり、帰りホール外で客にインタビューしてたんで
中継と違うのかな?と思ってたら、後日これまた偶然にも大阪行った時
ホテルに戻ってテレビつけたらちょうどそのNHKの特集が始まるところで
「おおっ、これだったのか!」って、びっくりでしたですよ。(笑)

まぁこの曲、交響曲第一番「HIROSHIMA」に関しては、どちらにせよ
曲自体悪い曲ではないです。
ただ同じようなテーマの團伊玖磨:交響曲第六番「HIROSHIMA」や
シュニトケ:カンタータ「長崎」 等、そして同じ長大なブルックナーやマーラー 等
と比べるとちょっと冗長な所は多いかとも思います。もう少し省いてコンパクトにすれば
聞きやすくなると思うんですが。たぶん35分強ぐらいでちょうど良くなる様な曲かと。
…しかしそれだとこの曲ってここまで有名にならなかったかもね。

さてこれからこれらの曲の扱いはどうなってしまうのか、ソフトの販売はどうなるのか
興味の惹かれるところですね。
今度は作曲した本人が有名作曲家になったりして…。

続・サークル管理ページが見れない。と携帯音楽プレーヤー

前回サークル管理ページが接続できない~、と書いたら
なにやら、知人を含めこのページを見た方々からいろいろと教えていただくことがあり
いろいろ意見や、コメント等をくれた皆さんどうもありがとうございましたです。
まぁ結局のところエクスプローラーとの相性やら何やららしいですね。
ほんと、アナログの頃って壊れたり、何かあっても素人でも分かりやすかったんですけど
デジタルになってからトラブルになった時の直し方ホント分かりづらい!。
特にパソコン関係ってネットで調べて自力で直ることもあるけど
直し方は分かったところで、結局トラブルの原因自体が分からないままって事多いし。
まぁあと最近の機器って機能や性能の凄さはうたってるけど
使いやすさとか置き去りにされてる商品ばかりでどうもいやだなぁ。
実際使いやすさうたってても、無駄に機能だらけだったりとかなぁ。

さて私は音楽が死ぬほど好きなんで音楽プレーヤーは非常に興味がある。
特に携帯音楽プレーヤーは良く新製品を見るのが好きなんだが、
まぁ、ほんとに無駄な機能とか、電池のもちを良くする為か肝心な最大音量が弱かったり、
なぜかプレイヤーの薄型化、小型化に必死に?なっていて
どんどん望んでいるものからかけ離れていくのだがどうしたものか?
もっとシンプルに音楽だけを楽しみたいのに、特に携帯プレーヤーは、外だと
手探りで音量、早送り、巻き戻し等々がしたいのになぜボタンではなく、タッチパネルなんて
使いづらいものを採用したがるのだろうか?
後、小型化しすぎて操作しづらい。一応私の手は男としては小さい方であるし
昔は女性みたいな手とまで言われた事がある手でもである。
正直操作性ともすれば、音楽プレーヤーより、ICレコーダーの方が操作性が非常にいい、
持つこと自体もICレコーダーの方は単四電池が入れられる事もあって電池分の厚みもあり
手にしっかり馴染んで親指の操作もしやすいし、SDカードで入れ替えも出来る機種も多い。
この仕様で携帯音楽プレーヤー作ってくれないもんだろうか?
実はそう言う訳でいい加減新製品が欲しいのだがどれも、なかなか望んだものと出会えない。
おかげで、未だにパナソニックのD-snap SV-SD800Nを愛用している。
とにかく操作性,SDカードや電池の交換が自分で出来る、専用のリモコンがある等で愛着があるのだが
そろそろ限界だろうなぁ、って感じでもある。

さてさて、携帯音楽プレーヤーについては操作性ばかり言ってきたが実はそれ以上に悩ましいのは
圧縮音源の事が問題だったりする。もちろん音質の話ではではない。
私が大の音楽好き、いや音楽キチ〇イだったりするのだが(好きすぎて行きたいコンサートのために
就職内定を辞退したほどのバカである。ちなみにゲルギエフ指揮キーロフ歌劇場来日公演
プロコフィエフ:歌劇「炎の天使」日本初演)、もちろんクラシック音楽しか聴かない。
そう問題とは圧縮音源につき物の?、トラック間で音が切れてしまうことである。
MDの時代には、問題がなかったのだが、直接SDカードに録音できるD-Snapも問題なかったが
パソコンから音源を移動させたり編集したりすると切れてしまうのである。
一つの曲が細かくトラック分けされてることが多いクラシック音楽では大問題なのである。
そうなると選べるのが、MDと同じ切れる事のない圧縮方法であるソニーのATRACが再生できる
ソニー製品しか選べないという状況であるのだが、現在ソニー製品を使っていないので実際
どうだか分からないという不安もある。
それに一つに曲の演奏時間が長く、たくさんの曲を聴きたい、持ちたい私にとってはどうしても
多少音質を犠牲にしても外で聞く分には圧縮音源が必要なのである
ちなみに私はジャケットも大好きなのでダウンロードで買うことはない
もちろんジャケットデザインだけでうっとりするのだが(笑)
それだけではなく一つの曲で、例えばブルックナーみたいに一つの交響曲だけで複数の版がある場合や
演奏者名、ライブか否か、録音年月日、録音場所(コンサートホール名や教会名、スタジオか否か)、
ステレオかモノラルか等々たくさんの情報が必要なのである。
それに曲の詳しい解説も欲しい。特に楽器編成等は重要。
もちろんの事ではあるが音質も大変重要である。室内楽の静かで美しい音質はもちろん
私が好きな曲の多い世界大戦中から大戦後の怒りと悲しみにみちた大規模な編成の大管弦楽曲の数々
そして大規模な打楽器群を必要とする大管弦楽曲や声楽曲、複数の指揮者や複数のオーケストラや空間
の立体音響が必要とする超巨大編成オーケストラの現代音楽の数々。等々ここまで来ると
音響のバランスが難しい、打楽器郡のすさまじい重低音を楽しもうとすれば、管楽器群の高音の大音響が
こもってしまったり、弦楽器が暗く重くなったり、管楽器群が強ければ打楽器群がスカスカになってしまったり。
もう音質選びは大変である。もちろんイヤホンやヘッドホンでもがらりと変わってしまうから難しいもんである

まぁそんなこんなで、携帯音楽プレーヤーは選びは必要以上に事の他難しいのである。
しかし文章長くなりすぎたなぁ(笑)うまく話しまとめきれなかった
ごめんなさい。

今年最後はバルトーク

さぁもう今年もあと少し、そして年末最後の12月と言えばあれですね
そう、九番…。交響曲第九番…いわゆる「第九」ですよね。
しかし、この曲ってほとんど聞きに行った事ないんですよね。
昔何度か聞きに行ったことありましたけど、この曲目当てじゃなくて
一緒に演奏された曲目、目当てだったりで、例えば、
ストラヴィンスキー:詩篇交響曲、オネゲル:「クリスマス・オラトリオ」だったりとかで
まぁ正直ベートーベンとかモーツァルトとかってほとんど聞かないんですよ。
なんだかこう言うと、「お前なんかクラシック聞くな」とか言われそうですが(笑)
ただそれ以前のバッハとかは好きで聞きますが…。

さて今週10日、今年最後のコンサート行ってきましたですよP1020315








読響定期でシルヴァン・カンブルランの指揮でリゲティとバルトーク。
バルトーク:ピアノ協奏曲第3番では非常に流麗で、普段舞台後ろのPブロックでは
音のバランスの問題で特に協奏曲では肝心なソロパートが聞こえづらい事が多いですが
今日はほとんど管弦楽に邪魔されることもなく美しく聞こえましたです。
まぁ終結部はさすがに微かにしか聞こえませんでしたが…。
そして最後の組曲「中国の不思議な役人」では前半もう少しテンポ落として溜めてもいいような
という部分はありましたが後半…特にやや控えめにはじめた終曲部は最初あれこんなもん?
って感じだったが最後は管楽器、打楽器群のテンポを速めての強奏の盛り上がりで
すばらしかったですよ
P1020319







そして最後にアンコールでベルリオーズ。この日一番盛り上がったんじゃないでしょうか?
しかしベルリオーズってもしかして来月の定期が
ベルリオーズ:交響曲「イタリアのハロルド」なんで
まさかそのつながりなのかな?

しかしバルトークといえば、19日、20日に東京都交響楽団でインバル指揮の
バルトーク:歌劇「青ひげ公の城」があるんですがこっちも聞きたかったんですけども
さすがに冬コミの原稿とかで絶対無理だと思っているんでチケット買ってないです(泣)
そして来年の2月読響定期でまたリゲティとバルトークが…
なんかバルトーク多いなぁ。

作品一覧
サークルプロフィール
タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog